応援コラム 社長直轄! 商品リニューアルの着眼点 今週の専門コラム

第168話 「ない商品」の作り方

一冊の小さな本があります。日経ビジネス文庫から出ている「30の発明から読む日本史」という本です。理学博士の池内了(さとる)さんが書いています。30の発明を二つの視点で見ており、ひとつが「伝統的未来技術」、もう一つが「近代科学の盲点技術」としています。伝統的未来技術とは、発…

詳細はこちら

第167話 時代を超えるリボーンの法則

コロナ禍環境下、都内住宅地にある飲食店の多くが「宅食」体制を整えています。近隣の商店街では「デリバリー」「お持ち帰り」「テイクアウト」の文字が踊る看板POPが立ち並ぶようになりました。   どのお店も、イラストや写真を上手に貼り付けて訴求効果を高めています。お金…

詳細はこちら

第166話 新秩序の核心

自社が生きるか死ぬかの瀬戸際で、祈りながらの時を過ごされておられますでしょうか。もしかすると、新しいツールを手にされて、希望の光をたぐりよせ奮起されている時かもしれません。どの道であっても、新しい時代ゆえ「正解」はございません。どんな状況であっても、いのちあってのビジネス…

詳細はこちら

第165話 崖っぷちの成長戦略

世界の状況が刻々と変化してゆく、歴史的転換点に立ち会っています。ここから先の未来、“正解”を知るものは誰一人としていないでしょう。こうした崖に立たされてはじめて、「いつだって未来のことはわからないし正解もない」という真理に気づかされます。わたしたちは、そのことを忘れて生き…

詳細はこちら

第164話 新しい成功を拓くリニューアル構築モデルの要所

歴史的な転換点に立っています。「いままで」の成功モデルを捨て、新しい道具で、新しい切り口でリニューアルし、ビジネスを組み立ててゆく時です。しかし、営みの「基本」は何ひとつ変わってはいません。選択肢の少ない澄みきった状況の今、自社の「基本」を再点検する最適のタイミングです。…

詳細はこちら

第163話 今絶対やってはいけない2つのこと。

1月下旬の中国・春節から2ヶ月が過ぎようとしています。新型コロナウイルスの流行が拡大し、世界中でさまざまな問題が起こっています。2020年3月23日午後7時現在、東京五輪開催「延期」に向けて舵をきりました。そして、新型ウイルスの感染拡大で「緊急事態宣言」を出す場合に備えた…

詳細はこちら

第162話 半歩先の既存コンセプトリニューアル戦略

いま、真にチャンスの時です。 なぜなら、わたくしたち生活者の不安、不満が高まっているからです。 たとえば、   ・マスクを買うために3時間並んだ ・マスク、消毒液が手に入らない ・朝から薬局を20店舗以上回っている ・ネットで高く転売していてがっかりする ・子供…

詳細はこちら